ダメ親父伝

1973年生まれ、ダメ親父のブログ=_=)

あなたが伝えたいことは「こんにちは」ですか?

 

 

切り出し(書き出し)が相手の心をつかむ!

  

ダメ親父伝

 

 

f:id:age46cyai:20200321204210p:plain

 

人が聞き入るスピーチ(文章)とは

 

ある講演家の話

 

駆け出しだが、自分に自信を持った講演家があるセミナーに参加した。

(以下男とします)

 

男は特にセミナーの内容を理解せずに参加した。

 

そのセミナーでは参加者に事前に宿題が出されていた。

 

そんなことなど何もしらずに、その男は会場へ出向いた。

 

そのセミナーの講師がいきなり、宿題である「3分間スピーチをしてくれるかた」とたずねた。

 

男はチャンスとばかりに「はーい!」と一番に手を挙げた。

 

そして自分のスピーチを披露した。

 

スピーチが終わり、

 

講師が「今のスピーチはどうでしたか?」とそのほかの参加者にたずねた。

 

参加者の多くは「素晴らしかった」、「感動しました」と言ったそうだ。

 

男は「そうだろ そうだろ」と思った。

 

だが、そのあとの講師の一言で、場の空気が一変する。

 

講師はこう言った。

 

「あなたはスピーチの最初でなんと言いました?」

 

男はこう答えた「皆さんこんにちはです」と。

 

講師「あなたが一番伝えかったのは『こんにちは』でいいですか?」

 

男?「ちがいます!」

 

講師「じゃあ質問をかえます、スピーチの中で一番印象に残るパートはどこですか?」

 

男「最後だと思います」

 

講師「そうですね!じゃあ2番目は?」

 

男「最初です」

 

講師「じゃあ2番目のメッセージは『こんにちは』なんですね」

 

そこで男は完全に打ちのめされた。

 

講師が何を言いたいか、理解したからだ。

 

だが素直な男はこう思った「俺はラッキーだ」

かいおうけん

 

「ここでほめられて、終われば成長できなかった」と。

 

「これで俺は日本一の講演家になれる」と。

 

その後、男はその講師のセミナーにすべて参加した。

 

その講演家とは

講演家 鴨頭嘉人(かもがしらよしひと)

ご存知の方も多いのではなかろうか。

元マクドナルドの社員で、数々の実績を残され、若くして退社。

その後、講演家として活躍されている人物だ。

ユーチューブの登録者数も100万人を超えた。

ちょっと、うさんくさい(´;ω;`)

自身もそう思われていると公表しているので、ごあいきょうで!

 

彼を数年前にユーチューブで初めて見た。

情熱と引き込まれるトーク力で魅了された。

泣いたこともあった。

ひいきはしない。

 

なぜなら、僕はチャンネル登録してないから(´;ω;`)

 

でもほんとにすごい人だと思う。

素直で、ポジティブな方。

(チャンネル登録しま―す)

 

 伝えたいこと

 

この話を聞いたとき、僕は自分のブログに置き換えた。

 

僕はブログで何を伝えかったのか?

 

記事を読んでくれる皆さんに伝わっているのか?

 

答えはわからない。

 

ただ一生懸命書いているのはたしか。

 

伝えたいことを素直に、冒頭から書きだす!

 

これは大事なことかもしれないと感じた。

 

ブログの書き出しや、決まりなんてないと思う。

 

自分らしく表現することが一番だとも思う。

 

ただ、自分の思いを伝えるには

 

聞き手や読み手を、引き込ませる構成も考えねばと思った。

 

まとめにならないまとめ

 

さっそく、記事の冒頭での「皆様お疲れ様です。」を削除し、編集したダメ親父。

それが正しいのかはどうかはわからない(´;ω;`)

 

ともあれ、今後は書き出しで

【伝えたいこと】

 

それをはっきりさせて構成し、少しでも読まれるブログにしていきたい。

(できんかも(´;ω;`))

 

ご清聴ありがとうございました。

 

 

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村