ダメ親父伝

1973年生まれ、マンホールを磨くダメ親父のブログ=_=)

マンホールを磨く旅!岐阜県羽島市を磨いたら?マンホールコースター

 

 2018年8月 灼熱の太陽の下!

 

岐阜県羽島市にマンホーラーダメ親父がお邪魔した(´;ω;`)

 

素敵な出会いが会った!!

 ダメ親父伝

 

 

羽島市デザインマンホール 

1.ウィンドサーフィンと美濃菊

f:id:age46cyai:20200421223226j:plain

f:id:age46cyai:20200421223236j:plain

このマンホールを磨きに行くと決めた前日に、羽島市浄化センターに電話でアポをとった。

 

ダメ親父「お疲れ様です。明日そちらに設置されているマンホールをきれいにして撮影したいのですが、よろしいでしょうか?」

 

職員さん「どうぞどうぞ!お待ちしております」

 

よし!とガッツポーズするダメ親父!

 

当日、浄化センター内の駐車場にベンツをとめて(´;ω;`)

磨き道具セットを片手にどこかな?どこかな?探す!

「あった」なんと管理棟入口の真ん前・・・

 

眺めていると、管理棟から職員さんが登場!

僕と同年代くらいの方だった。

 

職員さん「お電話いただいた方ですね、少しだけマンホールを掃除しておきました」とおっしゃる。

 

えーーーーマジでーーー

 

もうその気持ちがうれしくて

(*´ε`*)チュッチュしたくなったは(´;ω;`)

 

「ありがとうございます」とお礼を言い、お磨き準備に取り掛かった・・

 

すると職員さん「あまり、強く磨かれると塗装がはげるかもしれないので注意してください」とおっしゃる(´;ω;`)

 

さすがです職員さん!

マンホールの心配もされているとは、頭が下がります。

 

安心してください!こちらはプロですから(自称(´;ω;`))と心の中で思いながら、手加減して磨いた^_+

 

暑さで汗がしたたる、速攻で仕上げて、はいチーズOK

 

職員さんが「終わりましたら、2階にお越しください」とおっしゃっていたので、お邪魔した。

知らなかったが、羽島市ではマンホールコースターを制作し配布していたのだ。

職員さんが「ここにサインしていただけたら、コースターを差し上げます」とおっしゃるので、簡易情報を書きコースターをいただいた!

 

この時は全国にマンホールカードがあるのは知っていたが、マンホールコースターがあるとは全く知らなかった。

※全国のご当地マンホールカードなどは、無料だがいただく時に、簡単なアンケートを書く場合がほとんどです!

(ただし数に制限があるので、再発行されるまで在庫がない時もあります)

 

現在はマンホールカードだけで800種類以上あります。

価値のあるものはここには書けない金額のモノがあり、オドロキですΣ(・□・;)

再発行されたものより、初版のカードのほうが価値があるらしい・・

マニアがいるんですよね!

カードの世界には・・・

 

僕はあまりカードに興味ないんですよね(´;ω;`)

何枚かは持ってますが・・今度ご紹介します。

価値か・・・・・価値・・・・

やっぱり集めようかな(´;ω;`)

 

その後、職員さんが気をよくしたのか、いただいたコースターの旧バージョンがたしか残っていたはずと言いだし、探しに行ってくれ僕にくれた。

f:id:age46cyai:20200421223302j:plain

左が新バージョン 右が旧バージョン

ここには展示蓋も飾られていたので撮影!

f:id:age46cyai:20200421223249j:plain

かっこいい!持って帰りたい!!

ここでは至れり尽くせりで感謝と気持ちよさでおなか一杯になった!

中にはあるんですよ、そっけない対応のところもね(´;ω;`)

 

1.設置場所マップ

 

 

 岐阜県羽島市は岐阜県で唯一新幹線の駅がある街です。

いろんなお祭りや、素敵なイベントが沢山繰り広げられるのですが、こちらも今年はコロナの影響で中止がほとんど(´;ω;`)

浄化センターは羽島ICから車で5分椋尾のところにあります。

観光がてらおこしあれ。

 

2.1と同じデザインの色違い?

f:id:age46cyai:20200421223312j:plain

f:id:age46cyai:20200421223322j:plain

このマンホールはかなり年季が入っていてボロボロだった。

情報もあまりなく、詳細はわからないが初期のデザインなのだろう。

 

それでも磨くダメ親父!

マンホーラーの名にかけて(・・?

これでもきれいになったのよ・・・

 

2.設置場所マップ

 

ここは少しわかりにくいが、竹鼻町鍋屋という信号を北に入った路地にあった。

昔ながらのお店や、家などが並んでいる、落ち着く風景の通りだった。

 

まとめ

これも2018年のことで申し訳ないが、思い出しながら書くと当時の記憶がよみがえり、個人的には楽しく書けた❗

そしてなんといっても、羽島浄化センターの優しき職員さん

あらためてお礼を言わせていただきます

「その節はありがとうございました」

 

またお邪魔しますね(´;ω;`)

 

最近の情報で羽島駅にも今回デザインの色違いバージョンがあるということなので、近々行かねばならん!

 

皆さんもぜひ岐阜県羽島市へおいでませ!!

コロナが落ち着いたらね!

なんとかならんかなぁコロナ・・・

 

※お問い合わせフォームから昨日の記事について長島マンホールの橋の名前と、僕の間違い個所を教えていただいた方、ありがとうございました。桑名出身の方のようで、「懐かしくありがとうございました」のコメントも同時にお礼申しあげます。

 

頑張ります!

 

 

ご清聴ありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村