ダメ親父伝

1973年生まれ、ダメ親父のブログ=_=)

WEBライター検定3級に合格!ブロガーにもおすすめのその検定とは

 

f:id:age46cyai:20201007180110p:plain 

WEBライター検定3級に合格しました。

しかも、奇跡の一発合格!

 

f:id:age46cyai:20201007202104p:plain

 ありがとうこざいます…

 

f:id:age46cyai:20201010054700p:plain

「合格率5%以下」…本当なのか?

 

副業で稼ぎたい!

そんな思いで始めたブログは、3ヶ月で停滞…

それでも、副業で稼ぎたい!

ならば、クラウドソーシングはどうだ!と、

早速、クラウドソーシングの最大手「クラウドワークス」に登録。

(これが悪い癖)

そこで目にした「WEBライター検定」の文字…何それ?

ダメ親父伝

  

WEBライター検定って何? 

 WEBライター検定とは「クラウドワークス」とコンテンツマーケティングのプロ集団「株式会社グリーゼ」が共同開発したライティングテストで、ライターとしての、ライティングスキルを測れる検定です。

このWEBライター検定は、1級から3級まであり、それぞれのレベルに応じた内容になっています。

●3級

プロのWEBライターとして必要な知識を有している

●2級

構成案に基づいて品質の高い文章と見出しを書くことができる

●1級

自分で構成案を考え、読者の興味感心をひくような見出しを書くことができる

とされています。

3級でプロと認めてくれるのはありがたいですね。

  

WEBライター検定3級に合格すると 

はじめに伝えておきますが、3級だからと甘く見ないでください。

何と言っても、合格率5%以下ですからね?

はれて、3級の検定に合格すると、クラウドワークスのプロフィールに合格証が表示されます。

そして「プロのWEBライターとして必要な知識を有している」ことを証明してくれます。(プロですよ!プロ?)

そのことで、発注側が、案件のレベルに応じたワーカーを選びやすくなったり、継続的案件で、クライアントからスカウトされやすくなるようです。

つまり、実績のないワーカーでも仕事が取りやすくなるということです。

実際に、僕のような初心者でも、合格後にスカウトメールが来るようになりました。

一度も仕事してないのに…

ですが、一番は何といっても、ライターとして自信がつくことだと思います。

 

受検資格と方法

受検資格はいりませんが「クラウドワークス」に登録する必要があります。

登録すれば、誰でも受検できますよ。

crowdworks.jp

 

受検方法は、オンラインなので、好きな時に、気軽に受けることができます。

さらに、3級の受検料は無料!

何度でも何度でも……挑戦できます。

※ただし、合格・不合格にかかわらず、受検から14日経過しなければ、再受検できません。 

2級、1級は有料ですが、まずは無料の3級に合格して、その後、さらにスキルを上げたいと思えば、挑戦する価値があるでしょう。

参考までに

2級受検料:10,000円

1級受検料:25,000円

値段もですが、おそらく、そのレベルも相当高いことが想定されます。

  

検定内容

3級は、ライターとしての基礎知識を問われます。

主に、

  • 正しい文章の書き方
  • 読みやすい文章の書き方
  • 分かりやすい文章の書き方 

などを、理解しているかが重要です。

上の箇条書き文では、伝わらないかもしれませんが、3級でもかなりの難易度だと実感しました。

テストは50問のマーク式回答で、時間制限もありません。

時間制限がないので、じっくり考えることができます。というよりも、じっくり考える問題ばかりです…

複数回答する問題は、かなり悩みました。

結果は、回答後に送信すればすぐに出るので、ドキドキする暇もありませんでした。

なお、合格ラインは不明で、問題の合否も知ることはできません。

 

合格する方法はたったひとつ

最初は、過去問もないのに、いったい何を勉強すれば合格するのか、わかりませんでした。

でも、大丈夫です。

合格する方法が、たったひとつあります!それは…

講義動画を見るだけ

 f:id:age46cyai:20201010160228p:plain

「講義動画を見るだけ」 です。

親切なことに?、この検定は、事前学習できる講義動画が用意されています。 

見るだけといっても、ただ見るだけではダメです。確実に内容を理解しなければなりません。

そして、その内容は細かく分けられた、YouTube動画27本分…トータル時間約170分(3時間弱)という長さ。
注:このYouTubeはクラウドワークスに登録しなければ見ることができません。

その講義動画を見ながら、ポイントを押さえ、メモしておくことで、合格に近づけます。

講義に出てくる問題は、全部解いておきます。

なぜなら、その問題を、応用したものがテストに出題されるからです。

僕は、わからない所を、何度も動画で確認しました。

動画なので、倍速、飛ばし、停止は自由自在ですからね。

それだけが、合格するたったひとつの方法です。

僕はそれだけで、合格しましたから。

 

ブロガーにもおすすめの理由

浅はかな考えから、登録したクラウドワークスで、こんな検定を受けることになるとは思いませんでした。

でも、そのおかげで、僕は今、こうしてブログが書けているのです。

ブログに悩み、苦しみ、挫折しそうになっていた僕を救ってくれました

文章力は、たいして変わってないと思いますが…

検定が、仮に不合格だったとしても、文章を書く上で、必ずいい勉強になります。

講義動画を見て検定を受けることで、これまで自分が書いてきたブログや記事を、違った視点で見返すことが出来ますし、新たに書く際にも、自信を持った書き方が出来ます。

それが、WEBライター検定を、同じライター業として、ブロガーの皆さんに、おすすめする理由です。

僕の場合は、それまで書いてきた記事を全て削除しましたが、それは、自分の記事を全否定したからではありません。いろいろなことで、自分を見失っていたので、いい機会だと思い、リセットしただけです。(マネはしないでください)

この検定で、たしかに、文章の書き方などを理解することができますが、ブログでは、自分らしさも大事だと、僕は思っています。

そして、クラウドワークスでWEBライターとしての仕事をこなしてみるのも、いい経験になると思いますし、もしかしたら、ものすごく稼げるようになるかもしれませんよ。(稼ぎたい…)

 

もし、受検されるなら、わかってますね?

「講義動画を見る」そして理解する。

忘れないでください。

合格率が5%以下なのは、そこに原因があると思っています。

ほとんどの人が、ぶっつけ本番や、動画を真剣に見ないで受けているからだと。 

ちなみに、僕がクラウドワークスで、こなした仕事は1度だけで、ある企業のプロジェクトネーミング募集案件(コンペ)に応募し、結果、全員不採用。ですが、その分配金をいただきました。

その金額33円なり…

まぁ、名前を考えて入力しただけので、もらいすぎ?かも(誰かが、採用されていたら0円ですからね)

いずれ、ライティング案件にも挑戦してみたいと思っています。

受検される皆様の、検討をお祈りしております。

 

ご清聴ありがとうございました。

WEBライター?のダメ親父より